FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*原石*

週末、友人が教授をやっている大学の卒制展を見に行った。
写真と音と映像とか。
良い時間だった。

卒制展に行くのはかなり久しぶり。
見ていて気持ちのいいもの、一生懸命なもの、プレゼンも含め学生とは思えない完成度の高い物、逆に、う~ん…これは…(しかも好きじゃない)押し付けだなあ、おごってるなあ、気持ち悪いなあ(←これに関しては、作者は作品成功しているのだろうけど)な物いろいろあった。
学生の頃の自分を思ったり、いろんなことを思った。

ひとつ、なかでもとても好きな写真の作品があった。
今の自分の大切を見つめてコンセプトにしてキラキラしたイキイキした好き好きがいっぱい溢れ出している作品。
気持ちだけでなく写真の使い方トリミングの仕方全て好きだった。
この先どんな事を感じてどんな作品を作るのか彼女の事が楽しみになった。
ステキな原石を見せてもらった気持ちになった。

そして、この卒制展で大きく思ったのは2つ。

[何故作品を作るのか]

ま、卒制展は授業の一貫だし、学んだ事を形にするって事であるとは思うのだけど、今回の生徒さんたちはどうかんがえているのかなとしりたくなった。

[なんの為の卒制展なんだろ]

とも思った。
学校内でやらずに一般人が見に来れる所でやるという事は、学校側には[企業にむけての営業!?]みたいな場としての意図があるんだろうなと(大人になった私は)思う。
現に、会場の入口には全員の名刺が置いてある。
それぞれの作品の横にも。
だけど、自分の作品のそばにスーツ姿で立って、来場者に作品説明をしている生徒はたった1人だった。
後の生徒さんは、ほとんどが会場入口付近でわらわらと座って友達とワイワイ話していたり、ボーっとしていたり。
会場自体が身内感と言うのかなんと言うのか。
それらは当時私が学生だった頃のそれとそのまんま同じ。
あぁ。もったいない。
でも、これが学生か。
この先は社会に出てから知るのか。
と、思った。

そして、私自身を振り返って考えた。
あの頃もいっぱいいっぱい考えてたこと。

[何故作るのか]

[何故ガラスでなければいけないのか]

その2つ。
それと

[自分のプレゼン]
スポンサーサイト

*記念の物*

子供の一歳のクリスマスの度にサンタさんからだと、ぬいぐるみをひとつ作ってきた。
なので、こないだのクリスマスにも三番目の娘に耳のやけに長いフワフワつきのうさぎのぬいぐるみを作った。
編み物はできないので、じいちゃんの着なくなったセーターと着ないコートのフード部分のフワフワを使ってミシンでダダダと作った。
三番目の娘は
「ピョ、あだっ(うさぴょんあった)」
「ウア~(フワフワ~)」
と毎日いいながら毎日そのぬいぐるみを枕にして眠ってくれる。
作り手としては、なかなか嬉しい。
ちなみに、一番目の息子は、手足としっぽのやたらと長いクロネコ。
二番目の娘には、体のやけに長い羊を作った。
今でもそれらで遊んでくれる。
これまた嬉しい。
いつかは子供達も成長して、ぬいぐるみはボロボロになり、私が私のぬいぐるみにしてきたように見向きもしなくなる日がくる。
それまで、大事にしてほしい。

110119_0000~0001

*雪だるまん その2*

明けましておめでとうございます。
今年の目標はいつもニコニコです。
これはなかなか難しい。
いつもニコニコできる状態をつくらなければ、でいなければできないこと。
やりとげたいと思います。
年が明けて、11日からコトグラスも仕事が始まりました。
年末にピアス金具に不具合がでた為、改善/向上の商品修正作業からのスタートです。
金具パーツに手を加えて、今までの既成の金具部分より雰囲気の良いものに仕上がったのが救いです。
感謝。
仕上げて近いうちに再納品です。
お店の方では修正作業で引き取ってきたコト商品の棚にコトの新商品が。
[雪だるまん]改め[雪だるまの8]ブローチもようやくお店に並びます。
アメリカの雪だるまのようにのっぽな雪だるまブローチです。
3才の娘が数字を覚える時に8を「雪だるまのハチ~」と言うので…
金具部分には数字の8もついています。
そして写真は元旦の朝日で輝く雪です。
明日、岐阜は雪かなあ。
子供達は「雪だるまつくろうね~」とお互い言い合いながら夜寝ていきました。

110101_0731~0002

*ゆきだるまん*

☆最初の受注分を全て納品し終わり、入金も済み、
商品も順調にお客様に買っていただいているようで、
やっと報告できるスタート地点にたてたので、
ガラス人生再開したことを大切な人にやっとやっと手紙で報告しました。
この3ヶ月間、彼女へ手紙を書ける日がくるのを楽しみに励みにしながら商品を大切に作ってきました。
手紙が出せて本当に嬉しい。
スタートに立てたので、走りだします。

今は、クリスマスにむけた新たなサンプル作り。
雪のなかから顔を出した小さな二葉をイメージした作品
ちっさいちっさいすごくキレイな雪どけ作品ができたんだけど、
アクセサリーパーツを取り付けると、金属部分がどうしても邪魔。
でもアクセサリーにしなければ。良い組み合わせ所を模索中です。
もう一つは、雪だるま。
商品タイトルを[ゆきだるまん]←ちょっと、ダサい
にしようか[スノーマン]←ちょっと普通
にしようか考え中。
と言ってもお店に並ぶときは商品だけで商品タイトルなんて誰にも知られるチャンスはないのですが…
[ゆきだるまn]とかどうかな。
なんじゃこれ、かなあ

100908_1118~0001

*雪*

またまた暑い日
がいがいガラスをカットしました
汚れを取って、ペーパータオルで水気をきっているときに涼しいものをみつけました
まるで、ガラスの上に雪が降り積もったみたい
ちょっと涼しくなりました
さあ、続き続き
次はピアス用のガラスカット
ちっちゃくて指がつりそうになるのでいつも作業の最後がピアス用ガラスカット
はい、私は美味しいものから先に食べるタイプです

100816cotoblog
プロフィール

しもちも

Author:しもちも
cotoglass[コトグラス]って名前でガラス作品を作ってます。
元、山のガラス屋さんです。

twitterフォロお願いします。↓
shimochimoツイッター

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。